鼻うがいの正しい方法は?実践動画付きでやり方がわかります!


%e5%8b%95%e7%89%a9%e3%80%80%e9%bc%bb

「鼻うがい」について、最近では話題になることも多くなりました。鼻うがいは花粉症風邪などの症状軽減や、予防に良いとされています。

そう聞くと「そんなにいいものがあるの?」と思いませんか?ならば「やってみたい!」と思いますよね。

でも鼻うがいにはちょっとしたコツが必要です。

間違ったやり方では逆にマイナス要素になってしまいますので、初めての方にもわかりやすいように「動画付き実践方法」「食塩水の作り方」をご紹介します。

また「注意事項」についても詳しくご紹介したいと思います。

この機会に正しい方法を身に付けましょう!

 

Sponsered Link

 

日1回、5分でOK。悩み解消!

その名の通り、鼻をすすぎます。なんだかかなり痛そうなイメージ・・・

ですが、真水ではなく食塩水で行うことで、痛みはほとんど感じなくなります!

日本では、口やのどをすすぐ方法が一般的ですが、インドでは、この「鼻うがい」が、古くから伝わる健康法として、ポピュラーな方法なのです。

慣れれば5分程でできますので、その方法を詳しく紹介していきますね。

 

これで怖くない!正しい「鼻うがい」の方法

「効果は分かったけど、本当に痛くないの?」と、やっぱり少し不安ですよね。

実際に鼻うがいをしている動画を紹介しますので、参考にしながら実践してみてください。

※準備するもの

  • 沸騰させてカルキを飛ばしたお湯
  • ミネラルウオーター(沸騰したお湯を、人肌程度まで冷ますため)
  • 食塩
  • ネティポット(あると便利 600円前後で売っています)

 

※食塩水の作り方

食塩水は全体の0.9%の濃度になるように作りますので、熱湯+ミネラルウオーターが500ccだったとしたら、食塩は4.5gになります。(目安として、ペットボトルのフタ、すり切り1杯が約5gです)

また、洗面器から直接吸ったり、ペットボトルを使用したりする人もいますが、初心者はネティポットがあった方がやり易いと思います。

 

★意外と簡単!鼻うがい実践しました

※継続してされる方は、ネティポットの衛生管理が必要です。

2週間に1度くらいの割合で、漂白剤に付けるなどの消毒をすると良いそうです。また衛生上、食塩水の作り置きは控えてください

 

使用するのは真水じゃダメなの?

%e6%b0%b4%e9%81%93%e3%83%bb%e8%9b%87%e5%8f%a3

鼻や耳が「ツーン」と痛くなり、鼻粘膜を刺激してしまうので、真水の使用はやめましょう。

濃度0.9%の食塩水と言うのは、人体の塩分濃度とほぼ同一になります。涙や汗がしょっぱいのは体内にある塩分のためです。

この0.9%というのが、人体に最も近くて刺激が少ない濃度であり、鼻うがいにも適しているという訳なのですね。

 

うがいの後には鼻をかんでもいいの?

20141029

洗浄後は、鼻の中に食塩水が残っていないかどうかきちんと確認してから、鼻をかむようにしてください。

食塩水が鼻の中に残った状態で鼻をかむと、鼻の粘膜が炎症を起こしてしまい危険です。

 

鼻に入った食塩水を飲み込んでしまったら?

鼻うがいの最中に、食塩水を飲み込んでしまうと、耳に流れて中耳炎になることがあります。

くれぐれも、飲み込まないように気をつけましょう。

また、食塩水を鼻に入れる際は、指し口を耳側に向けず、鼻筋側に向けようにしてください。

失敗して傷みや違和感が出た場合は、必ず耳鼻科を受診してください。

 

Sponsered Link

 

小さい子供でもできるの?

%e5%b9%bc%e5%85%90

年齢制限はありませんが、誤飲やそれに伴う中耳炎のリスクを考慮すると、控えたほうが安全かもしれません。

なお、スプレータイプの洗浄液などが、薬局にて市販されています。

小さなお子様や、外出先で洗浄したい方なども、手軽に扱えるようになっていますので、ぜひ、チェックしてみてください。

 

その鼻づまり、長引いていませんか?

鼻うがいは、中に溜まったほこりや花粉・ウイルス・膿などを洗い流すことができるため、花粉症鼻炎鼻づまり蓄膿症効果があると言われています。

また、花粉症インフルエンザの予防にもとても有効です。

特に、インフルエンザの場合は、菌の6割を減少させるとも言われており、最近では予防法として、推奨するお医者さんも増えてきているそうです。

 

最後に

関連記事:インフルエンザと風邪の見分け方 放っておくと大変なことに…

鼻うがいは日本では最近注目されてきた方法なのですが、効果のほどは大きいようで、年々評判になっています。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、上手くできるようになれば花粉症や鼻づまりの予防やに、とても有効使い方ができます!

 

Sponsered Link

 

関連記事

offal-1463369_640

大腸の内視鏡検査の体験記。お産より痛い?食事制限は?

会社の健康診断。 特に体に異常は感じていませんでしたが、提出した2回分の便の両方に、血液が混じ

記事を読む

mugicha-1

え!?麦茶に乳化剤が入ってた!その理由と安全性について

ある日、ふと麦茶のペットボトルの成分表示を見ると「乳化剤」の文字が! 日本の夏と言えば、冷えた

記事を読む

11-17 二日酔い_1

二日酔いはもう嫌だ!予防と解消法を伝授します! 

つらくて苦しい二日酔い。 あなたも経験したことはありませんか? 適度に飲めば、活力剤として威

記事を読む

shock-1

胸膜肥厚とは?胸部レントゲンに写る白い影!健康診断体験記2

先日は会社の健康診断結果により、大腸内視鏡検査を受けた記事を書きましたが、今日は同じく健康診断で

記事を読む

12-02 女性の薄毛_03

女性の薄毛と原因。老化じゃないのに薄毛になる?びまん性脱毛症とは?

先日電車に載った際、左に育毛の広告、右に脱毛の広告があるのを見つけて、なんともいたたまれない気持ちに

記事を読む

12-11 体を温める食べ物_01

体を温める食材セレクト&見分け方 冷え性さん必見です!

冷え性さんにとって、冬は特に厳しい季節ですよね。 運動や防寒グッズなども大切ですが、カラダづくりの

記事を読む

baby-1

胎盤の石灰沈着って何!?赤ちゃんへの影響を知りたい!

「胎盤の石灰沈着が見られます」。 そんなこと言われても、どうすればいいのかわりませんよね。とに

記事を読む

12-08  あくび_02

あくびはうつる?不思議がいっぱい、あくびのメカニズム

「かみ殺す」といった述語を伴うことが多いとおり、会議中や授業中など、したくない時にかぎって「

記事を読む

12-08 生あくび_01

脳梗塞や狭心症のサイン!?本当はこわい生あくび

・眠くないのにあくびが出る ・あくびの回数が多い ・あくびをした後に頭痛がする こんな方は

記事を読む

12-11 ドライアイ_01

ドライアイの原因と改善策 目薬選びのポイントは?

眼科に行くと、必ずといっていいほど目にするのが「ドライアイ」に関するポスター。 大きく映し出さ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑