UVカットで失敗しない!サングラスの選び方はこれを見ればわかる!

%e6%97%a5%e5%b7%ae%e3%81%97

紫外線の量が増え、日光も強くなり始める時期には必ず持っておきたい「UVカットのサングラス」。

ですが、「UVカット」の効果があるとされているサングラスはたくさんあります。

「品ぞろえが豊富がゆえに値段もさまざまで、表示の見方もよくわからない・・・」といったことはありませんか?

「値段が高かったら効果も高い?」「いやいや、数値が高い方が良いでしょ?」「色は濃い方がいいよね?」などの疑問を解決するために記事を書きました。

UVカットサングラスを選ぶ際の重要なポイントもまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

Sponsered Link

 

UVカットサングラスの素材や加工について

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9

UVカットの効果があるサングラスには、その効果を表面に加工したものと、素材に練りこんだものがあります。

値段や使い方によって違いは出てきますが、表面の加工は取れてしまいますので、2~3年で効果は期待できなくなると言われています。

なので、お気に入りだからといって何年も使うのはもちろん、「むかし買ったものがひょっこり出てきたので使っちゃおう!」というのもおすすめできません。

もう一方の、UVカット効果を素材に練りこんだものは、半永久的に効果が持続すると言われています。

 

近年では紫外線の影響についての関心も高まり、表面加工の商品は少なくなりつつあるようですが、購入する際はUVカットにはこの2つのパターンがあるということを、頭に入れて選ぶようにしてくださいね。

 

 

商品に表示されている数値について

さて、数値を表示する方法もさまざまあります。

「紫外線(UV)透過率」「紫外線(UV)カット率」最近では「UV380」「UV400」などの表示もよく見かけます。

※ちなみに「紫外線」と「UV」の意味は同じです。(紫外線=ultraviolet 略してUV)

 

では、それぞれの数値について・・・

まず「紫外線透過率」ですが、「透過」とは「光などが通り抜けること」を意味します。

サングラスを使って紫外線が通り抜けるのを防ぐことが目的なので、透過する数値は低いほど良いということになります。

「紫外線透過率」は低いものを選ぶようにしましょう。

 

次に「紫外線カット率」ですが、もちろんこちらは数値が高い方が良いです。

高いカット率でガンガン紫外線をはねのけてもらいましょう。

 

そして「UV380、400」についてですが、こちらも「紫外線カット率を示す数値になっています。

ですから数値の高い「UV400」方が効果があるということになります。

 

紫外線は大ざっぱに分けると

UV-C・・・100~280ナノメートル
UV-B・・・280~315ナノメートル
UV-A・・・315~400ナノメートル

という波長に分類することができます。

最大値であるUV-Aの400ナノメートルの波長に対して、紫外線カットの効果を充分に発揮できるのは「UV400」と表示されたサングラスです。

 

一般的に「UV400」は99%、「UV380」は90%の値で、紫外線をカットできるとされています。

透過率に関しては、「紫外線透過率1.0%以下」と表示されていれば、「99%以上の紫外線をカットする効果がある」ということになります。

 

 

サングラスの色について

%e8%89%b2%e9%89%9b%e7%ad%86

サングラスにはさまざまな色や濃さがありますが、UVカットを目的とする場合は、どれが効果が高いと言うことはありません。

紫外線は無色透明でもカットすることができます。

「UVカットで失敗しない!サングラスの選び方はこれを見ればわかる!」なんてタイトルですが、実はメガネでもUVカットはできるということになります。

ですが、紫外線が強い季節は光も強くなり、まぶしくなることも多いので目を守るために、やはりサングラスはおすすめなのです。

という訳でレンズの色選びについて説明したいと思います。

間違った選び方をするとかえって良くないこともありますので、注意して読んでくださいね。

 

レンズの色が濃くなればなるほど、まぶしさは軽減されます。

ところが人間の体は良くできたもので、色が濃く視界が暗くなってしまうと、瞳孔が開き、より多くの光を取り込むように働きます。

そんな時にUVカット効果が低いサングラスをしてしまうと・・・瞳孔からたっぷりと紫外線を吸収してしまうことになり、当然目に良くない結果になってしまいますよね。

 

レンズに色が付いていれば、まぶしさは軽減されますので、薄い色のレンズでしっかりUVカットできるものを選ぶことが、紫外線対策のサングラス選びには大切です。

もし濃い色のサングラスを使用する場合は、しっかりとUVカットができるサングラスをすることが必須です!!

そしてあまり長時間使わないようにしましょう。

 

 

UVカットのサングラスを選ぶ時のポイント

%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%80%e8%a6%81%e7%82%b9

・UVカットは表面加工ではなく、素材をレンズに練りこんだものを選ぶ

「紫外線カット率」は数値の高いもの、「紫外線透過率」は数値の低いものを選ぶ

レンズの色が濃いサングラスは瞳孔を開いてしまうため、薄い色がおすすめ

・サングラスと顔との間から紫外線が入り込まないよう、隙間ができにくいものがよい

 

以上がUVカットサングラスを選ぶ時のポイントになります。

 

最後に・・・

目にとって紫外線は、悪影響はあっても良いことは何もありません。大切な目のケアのために、しっかりとしたサングラス選びをしたいですね。

 

Sponsered Link

 

 

 

関連記事

くまと風邪

インフルエンザと風邪の見分け方。放っておくと大変なことに!

先日友達から「インフルエンザの予防接種」を受けたと聞きました。 振り返ってみると、私は毎年のよ

記事を読む

12-02 爪割れ_01

爪割れの原因は●●?応急措置法から対策まで!

爪がきれいな人ってすてきですよね!「おしゃれは爪先から」とはよく言ったものです。 ですが「爪割れ」

記事を読む

%e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

卒業式にぴったり!ママの髪型簡単ロングヘアアレンジ術!

卒業式のシーズンが近づいてきました。 卒業式は、頑張った子どもの晴れ姿を見る感慨深い行事ですね

記事を読む

赤ちゃん サングラス (2)

赤ちゃんの日焼け止めクリームはいつから?選ぶ際に重要なポイント!

紫外線が気になる季節になってきました。 ママはもちろん、赤ちゃんの紫外線対策もしっかりしておき

記事を読む

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88

プランターで家庭菜園!初心者でもできるおいしいミニトマトの育て方

プランターでの家庭菜園の魅力は、省スペースで手軽に野菜が作れることですよね。 手軽に作

記事を読む

11-17 吉田松陰_1

「吉田松陰」とその妹「文」の波乱の人生について

「吉田松陰」 名前は聞いたたことがあるけど、どんなことをした人なのか? どんな人だったのか?

記事を読む

%e5%ae%b6%e5%ba%ad%e8%8f%9c%e5%9c%921

一人暮らしにピッタリ!ベランダ菜園で新鮮野菜を手に入れよう!

少量を収穫して料理に使えるプランター菜園は、一人暮らしにはとても便利です。 新鮮ですし

記事を読む

baby-2

赤ちゃんの指しゃぶりはいつまでOK?実録!ピタッとやめたその方法

乳児期を終え、どんどん成長して行くのに、指しゃぶりは一向にやめる気配がない! 「うちの子はいつ

記事を読む

11-12 地震・津波_2

「地震・津波」のときの行動、災害時にするべきこととは?

災害はいつやって来るかわかりません。 まさにその時!に 「するべき行動」や「日頃から備えてお

記事を読む

%e3%83%90%e3%82%b8%e3%83%ab2

バジルの育て方。苗から初める簡単栽培!越冬はどうするの?

ベランダや玄関などの空いている省スペースで手軽に実践できるプランターでの家庭菜園。 中

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑