冷房とドライの違いを徹底調査!気になる電気代と温度変化は?

白い家庭用エアコン

暑くなってくると欠かせないのが「エアコン」ですね。

冬は「暖房」一択ですが、夏には「冷房」と「ドライ(除湿)」どちらを使った方がいいのか迷うことはありませんか?

そこで今回は

  • 冷房よりドライの方が冷える・・・気のせい?
  • 冷房とドライ、電気代はどっちお得?

などを調査しました。

機能の違いや使い分けについても説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

Sponsered Link

 

冷房よりドライ(除湿)の方が冷える・・・気のせい?

エアコンの風が当たって寒そうな女性のイラスト

「冷房」よりも「ドライ」の方が冷える!

と、感じる人って意外といるのではないでしょうか? 私はそう感じていますし、実際に「冷え過ぎないドライ」を謳った商品もありますよね。

そこで、どちらが温度が下がるのかを調べてみました!

 

ドライ(除湿)使用時に冷えると感じる原因

まず、湿度を下げるためには、空気の温度を下げる必要があります。

なぜなら、空気中にため込むことができる水分量は、温度が高いほど大きくなります。

ですから、空気中の水分量を減らして湿気を取るためには、空気の温度を下げることが必要となるのです。

「ドライ」を使用中のエアコンの主な働きは・・・

・室内の空気をエアコンの中に取り込んで冷やす

・冷やされた空気から、蓄えられなくなった水分が追い出される

・水分量の減った空気を室内へ戻す

 

という流れになっています。

冷やした空気を室内に戻すので、冷たい風がエアコンから噴き出してくることになります。これは「弱冷房方式」というドライ機能です。

弱冷房ということで出てくる風は弱いのですが、勢いがない分、下方へ冷たい風が「ス~」っと降りてきます。

ですから、その風が下りてくる付近は、集中して冷えやすくなってしまうのです。これが「ドライの方が冷える」と感じる原因です。

また、もう一つの要因として、室温が設定温度まで下がると、エアコンの運転が止まってしまうことがありますよね。

それを避けるために、使用者が設定した温度よりも、エアコン内部の設定温度を低く自動調節して、運転を止めないようにすることもあります。

この場合は、冷房よりも室温が下がるという現象が起こる可能性があります。

 

冷えないドライ(除湿)とは?

では次に「冷え過ぎないドライ」について説明していきますね。

ドライには二つの方式があります。

♦弱冷房方式 ・・・冷やされた空気をそのまま室内へ排出

♦再熱除湿方式・・・冷やされた空気を適温に暖めなおして排出

 

「弱冷房方式」については先ほども書いた通り、「集中して冷える場所ができやすくなったり、設定温度よりも室温が冷えてしまう可能性がある」というものです。

そして、もうひとつの「再熱除湿方式」を搭載したエアコンが、「冷えすぎないドライ」を可能にした商品になります。

寒がり&冷え性、でも湿気は嫌いだとういう私は、数年前にエアコンを買い替える際に、一番ポイントとした点が「再熱除湿方式のもの」ということでした。

もちろん当時は、「再熱除湿方式」なんて名前は知りませんでしたが、とにかく「冷えすぎないドライ機能が欲しい」ということで、店員さんに相談して購入しました。

 

Sponsered Link

 

 冷房とドライ(除湿)、電気代はどっちがお得?

「冷房」と「ドライ」を天秤にかけているイラスト

夏には使いっぱなしになることも多い「冷房・ドライ」。できれば電気代は少しでも安く抑えたいですよね。

そこで電気代について調べました!

条件によって違いもありますし、さまざまな意見がありましたが、今回は大手電機メーカー数社の出している結果を元に発表します。(私が見たメーカーの答えは、以下の通りで一致していました)

冷房とドライ(除湿)の電気代の比較

冷  房 ドライ(弱冷房) ドライ(再熱除湿)
中間 安い 高い

 

このような結果でした。

ドライの方式の名前を見ていただくとわかりやすいのですが「弱冷房」は、まさしく冷房のパワーを抑えて運転していますので安くなります。

「再熱」は、空気中の水分を除くために冷やした空気を、再び暖めていますので、その分電気代が必要になります。(冷却時に出る排熱を利用しています)

そしてその中間が「冷房」ということになります。

 

冷房でも除湿できる!

さて「ドライは空気の温度を下げて、その水分を取り除いている」ということでしたよね。

ならば「冷房で室温を下げれば、除湿できるのでは・・・?」と思いませんか?

 

冷房とドライ(除湿)の役割分担とは?

実は冷房でも除湿することはできます。

冷房を使うと、エアコンの排水ホースから水が出てきますよね。あれは室内が冷やされたことによって、空気中から追い出された水分なのです。

ですが、やはり冷房は冷房。設定温度まで早く下げることを目的としていますので、あとはそれを維持するだけになります。温度を調節するために運転が止まったり、送風モードに切り替わることがあります。

ドライは湿度をしっかり取ることを目的にしていますので、弱冷房ドライでは、弱い運転で温度を下げ過ぎないようにしながら、長時間に渡って除湿ができるようになっています。(結果的には冷房の弱モードと同じですが・・・)

再熱除湿ドライは、あとで適温に戻すので、キンキンに空気を冷やして、たっぷりと湿度を取り除くことが可能です。

 

冷房・ドライ(除湿)は上手に使い分けよう

室温を早く下げたいときには冷房を使うのがおすすめです。雨でジメジメしている日や、特に湿度が高い日はドライの方がおすすめですね。

就寝時にエアコンの近くで寝ている方は、弱冷房ドライの場合は、逆に冷えてしまう可能性があります。

そんな時は、設定温度を上げて冷房にするのがおすすめですが、湿度が気になる場合は風向きを上にしたり、扇風機を併用するなどして工夫しましょう。

少々お高いですけど、個人的に再熱除湿はとても快適ですよ!

Sponsered Link

関連記事

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab%ef%bc%88%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%ef%bc%89

国際女性デーの始まりとミモザの日。日本では何をするの?

皆さんは「国際女性デー」という日があるのをご存知でしょうか? Googleのトップページロゴに

記事を読む

12-11  静電気_01

冬の静電気! 仕組みと防止対策

冬の乾燥した季節に起こりやすい静電気。 特に、貴金属に触れる際はためらってしまいますよね。

記事を読む

%e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

卒業式にぴったり!ママの髪型簡単ロングヘアアレンジ術!

卒業式のシーズンが近づいてきました。 卒業式は、頑張った子どもの晴れ姿を見る感慨深い行事ですね

記事を読む

bottle-1

ホコリが発生する原因は何?そのメカニズムと手軽にできる対策法!

毎日掃除をしても、なぜだかどこからか現れるホコリ。 このホコリの原因や成分は一体何だろう?と不

記事を読む

12-08 車酔い_04

車酔いに効く意外な食べ物とは!?原因から対処法まで

年末年始が近づいてきて、そろそろ旅行の計画を立てる人も多いのでは。 電車や飛行機で遠出するのもいい

記事を読む

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9

UVカットで失敗しない!サングラスの選び方はこれを見ればわかる!

紫外線の量が増え、日光も強くなり始める時期には必ず持っておきたい「UVカットのサングラス」。

記事を読む

赤ちゃん サングラス (2)

赤ちゃんの日焼け止めクリームはいつから?選ぶ際に重要なポイント!

紫外線が気になる季節になってきました。 ママはもちろん、赤ちゃんの紫外線対策もしっかりしておき

記事を読む

12-02 爪割れ_01

爪割れの原因は●●?応急措置法から対策まで!

爪がきれいな人ってすてきですよね!「おしゃれは爪先から」とはよく言ったものです。 ですが「爪割れ」

記事を読む

12-02 湯たんぽ_03

湯たんぽの効果的な使い方とは?今日からあなたも冷え知らず!

突然ですが質問です! 入るときに冷たくて、出るときに暖かいものは何でしょうか?  

記事を読む

%e3%82%ab%e3%83%a2%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab1

カモミールの育て方と種まきについて。春と秋どっちがいいの?

カモミールは見た目のかわいらしさはもちろん、たくさんの効能が認められています。 特にリ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑