Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/abura-z/oyakudachi-kirakirajouhou.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

冷房とドライの違いを徹底調査!気になる電気代と温度変化は?

白い家庭用エアコン

暑くなってくると欠かせないのが「エアコン」ですね。

冬は「暖房」一択ですが、夏には「冷房」と「ドライ(除湿)」どちらを使った方がいいのか迷うことはありませんか?

そこで今回は

  • 冷房よりドライの方が冷える・・・気のせい?
  • 冷房とドライ、電気代はどっちお得?

などを調査しました。

機能の違いや使い分けについても説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

Sponsered Link

 

冷房よりドライ(除湿)の方が冷える・・・気のせい?

エアコンの風が当たって寒そうな女性のイラスト

「冷房」よりも「ドライ」の方が冷える!

と、感じる人って意外といるのではないでしょうか? 私はそう感じていますし、実際に「冷え過ぎないドライ」を謳った商品もありますよね。

そこで、どちらが温度が下がるのかを調べてみました!

 

ドライ(除湿)使用時に冷えると感じる原因

まず、湿度を下げるためには、空気の温度を下げる必要があります。

なぜなら、空気中にため込むことができる水分量は、温度が高いほど大きくなります。

ですから、空気中の水分量を減らして湿気を取るためには、空気の温度を下げることが必要となるのです。

「ドライ」を使用中のエアコンの主な働きは・・・

・室内の空気をエアコンの中に取り込んで冷やす

・冷やされた空気から、蓄えられなくなった水分が追い出される

・水分量の減った空気を室内へ戻す

 

という流れになっています。

冷やした空気を室内に戻すので、冷たい風がエアコンから噴き出してくることになります。これは「弱冷房方式」というドライ機能です。

弱冷房ということで出てくる風は弱いのですが、勢いがない分、下方へ冷たい風が「ス~」っと降りてきます。

ですから、その風が下りてくる付近は、集中して冷えやすくなってしまうのです。これが「ドライの方が冷える」と感じる原因です。

また、もう一つの要因として、室温が設定温度まで下がると、エアコンの運転が止まってしまうことがありますよね。

それを避けるために、使用者が設定した温度よりも、エアコン内部の設定温度を低く自動調節して、運転を止めないようにすることもあります。

この場合は、冷房よりも室温が下がるという現象が起こる可能性があります。

 

冷えないドライ(除湿)とは?

では次に「冷え過ぎないドライ」について説明していきますね。

ドライには二つの方式があります。

♦弱冷房方式 ・・・冷やされた空気をそのまま室内へ排出

♦再熱除湿方式・・・冷やされた空気を適温に暖めなおして排出

 

「弱冷房方式」については先ほども書いた通り、「集中して冷える場所ができやすくなったり、設定温度よりも室温が冷えてしまう可能性がある」というものです。

そして、もうひとつの「再熱除湿方式」を搭載したエアコンが、「冷えすぎないドライ」を可能にした商品になります。

寒がり&冷え性、でも湿気は嫌いだとういう私は、数年前にエアコンを買い替える際に、一番ポイントとした点が「再熱除湿方式のもの」ということでした。

もちろん当時は、「再熱除湿方式」なんて名前は知りませんでしたが、とにかく「冷えすぎないドライ機能が欲しい」ということで、店員さんに相談して購入しました。

 

Sponsered Link

 

 冷房とドライ(除湿)、電気代はどっちがお得?

「冷房」と「ドライ」を天秤にかけているイラスト

夏には使いっぱなしになることも多い「冷房・ドライ」。できれば電気代は少しでも安く抑えたいですよね。

そこで電気代について調べました!

条件によって違いもありますし、さまざまな意見がありましたが、今回は大手電機メーカー数社の出している結果を元に発表します。(私が見たメーカーの答えは、以下の通りで一致していました)

冷房とドライ(除湿)の電気代の比較

冷  房 ドライ(弱冷房) ドライ(再熱除湿)
中間 安い 高い

 

このような結果でした。

ドライの方式の名前を見ていただくとわかりやすいのですが「弱冷房」は、まさしく冷房のパワーを抑えて運転していますので安くなります。

「再熱」は、空気中の水分を除くために冷やした空気を、再び暖めていますので、その分電気代が必要になります。(冷却時に出る排熱を利用しています)

そしてその中間が「冷房」ということになります。

 

冷房でも除湿できる!

さて「ドライは空気の温度を下げて、その水分を取り除いている」ということでしたよね。

ならば「冷房で室温を下げれば、除湿できるのでは・・・?」と思いませんか?

 

冷房とドライ(除湿)の役割分担とは?

実は冷房でも除湿することはできます。

冷房を使うと、エアコンの排水ホースから水が出てきますよね。あれは室内が冷やされたことによって、空気中から追い出された水分なのです。

ですが、やはり冷房は冷房。設定温度まで早く下げることを目的としていますので、あとはそれを維持するだけになります。温度を調節するために運転が止まったり、送風モードに切り替わることがあります。

ドライは湿度をしっかり取ることを目的にしていますので、弱冷房ドライでは、弱い運転で温度を下げ過ぎないようにしながら、長時間に渡って除湿ができるようになっています。(結果的には冷房の弱モードと同じですが・・・)

再熱除湿ドライは、あとで適温に戻すので、キンキンに空気を冷やして、たっぷりと湿度を取り除くことが可能です。

 

冷房・ドライ(除湿)は上手に使い分けよう

室温を早く下げたいときには冷房を使うのがおすすめです。雨でジメジメしている日や、特に湿度が高い日はドライの方がおすすめですね。

就寝時にエアコンの近くで寝ている方は、弱冷房ドライの場合は、逆に冷えてしまう可能性があります。

そんな時は、設定温度を上げて冷房にするのがおすすめですが、湿度が気になる場合は風向きを上にしたり、扇風機を併用するなどして工夫しましょう。

少々お高いですけど、個人的に再熱除湿はとても快適ですよ!

Sponsered Link

関連記事

赤ちゃんの指しゃぶりはいつまでOK?実録!ピタッとやめたその方法

乳児期を終え、どんどん成長して行くのに、指しゃぶりは一向にやめる気配がない! 「うちの子はいつ

記事を読む

爪割れの原因は●●?応急措置法から対策まで!

爪がきれいな人ってすてきですよね!「おしゃれは爪先から」とはよく言ったものです。 ですが「爪割れ」

記事を読む

お肉の冷凍、解凍術!もっとおいしく上手に便利に使おう!

お肉は年中手に入る上に調理の幅も広いとあって、安売りなどで買い込んだはいいものの、保存や解凍時に

記事を読む

ホコリが発生する原因は何?そのメカニズムと手軽にできる対策法!

毎日掃除をしても、なぜだかどこからか現れるホコリ。 このホコリの原因や成分は一体何だろう?と不

記事を読む

赤ちゃんの日焼け止めクリームはいつから?選ぶ際に重要なポイント!

紫外線が気になる季節になってきました。 ママはもちろん、赤ちゃんの紫外線対策もしっかりしておき

記事を読む

一人暮らしにピッタリ!ベランダ菜園で新鮮野菜を手に入れよう!

少量を収穫して料理に使えるプランター菜園は、一人暮らしにはとても便利です。 新鮮ですし

記事を読む

火事の恐怖、一酸化炭素中毒!原因と症状。身を護るためには?

地震や津波・台風など、様々な災害がありますが、火事もそのひとつですね。 特に空気が乾燥

記事を読む

「吉田松陰」とその妹「文」の波乱の人生について

「吉田松陰」 名前は聞いたたことがあるけど、どんなことをした人なのか? どんな人だったのか?

記事を読む

冬の静電気! 仕組みと防止対策

冬の乾燥した季節に起こりやすい静電気。 特に、貴金属に触れる際はためらってしまいますよね。

記事を読む

「地震・津波」のときの行動、災害時にするべきこととは?

災害はいつやって来るかわかりません。 まさにその時!に 「するべき行動」や「日頃から備えてお

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑