高崎だるま市2017年は高崎駅西口駅前通り。その内容と少林山は?

%e3%81%a0%e3%82%8b%e3%81%be%e5%b8%82

「高崎だるま市」少林山達磨寺で、毎年1月6日・7日に開催されていました。

「七草大祭だるま市」とも呼ばれ、日本三大だるま市の一つに数えられている大規模なだるま市です。

少林山達磨寺には、だるまのモデルである「達磨大師」の像が納められています。

夢枕に立った達磨大師の言葉により、ある老行者が作ったのだそうです。(火事で焼失したため、現在は二代目の像が納められています)

さて、達磨大師と縁のある少林山達磨寺の高崎だるま市」ですが、2016年より大幅に様変わりしました。

お寺と露天商の意向に相違があるようです。

今年は高崎駅西口駅前通りの新たな「高崎だるま市」少林山「七草大祭だるま市」、両方開催する予定ですので、両方の「日程や内容、アクセスと駐車場」などを記事にしました。

 

Sponsered Link

 

【1.高崎だるま市 日程と内容、アクセスと駐車場】

%e9%ab%98%e5%b4%8e%e9%a7%85

●日 程:2017年1月1日(元旦)11時~18時  2日(月)9時~18時

●場 所:「高崎駅西口駅前通り」

緑色のラインが高崎だるま市開催区間です。(ワシントンホテルプラザ前からラジオ高崎前)

●内 容:「だるまの販売」「開運たかさき食堂の出店」「おもてなしイベント」

今年からの新たな試みなので、どんな感じになるのかは、まだ未知数であり楽しみなところです。

だるま市のルーツとも言える文献(1829年)が残っていて、それによると町中でだるまが売られている様子がわかるそうです。

運営側は「歴史に立ち返って町中でだるま市を開催する」とのことですよ。

 

●アクセス

・電車:JR「高崎駅」西口より徒歩すぐ

 

・車

♦「高崎インター」より県道27号(高崎駒形線・西上州やまびこ街道)を西へ。踏切を越え、「高砂町交差点」を左折して会場前へ到着。

♦「前橋インター」より国道17号(東国文化歴史街道 )を南西へ。左折レーンに入り「並榎町西交差点」で左折国道354号を進み、「弓町交差点」を右折して会場前へ到着。

♦「藤岡インター」より県道13号、国道354号を北へ。「下大類町東交差点」を左折。踏切を越え、「弓町交差点」を左折して会場前へ到着。

♦「松井田妙義インター」より県道51号を進み「五料交差点」を右折。国道13号(中山道)をへ進み、国道354号へ。「弓町交差点」を右折して会場前へ到着。

 

※臨時駐車場の発表はありません。ご利用の駐車場までは各自で確認をお願いします。

 

・周辺の駐車場

コインパーキング、高島屋など駐車場も多数ありますが、満車の可能性もあります。

駅前開催のため、電車でのアクセスが便利です。

 

 

【2.少林山 七草大祭だるま市の日程と内容、アクセスと駐車場】

高崎駅西口駅前通りとは別に、少林山でもだるま市を行うと発表されています。

●日 程:2017年1月6日(金)7日(土) 以前は日正午から7日14時まで夜通し開催されていましたが、本年は未定です。

●内 容:「安全祈願祭」・・・6日 14時~  「大般若転読法要」・・・7日 10時~

●だるま市:昨年はお寺の境内ではなく路上で「達磨製造協同組合」の有志により数店のみが出店していました。

●その他:こちらも去年の内容ですが、境内に特設会場を設置し、「薪(たきぎ)能の上演」や、「秋田のきりたんぽ」「広島焼き」など各地のうまいものを売る店が80店ほど出店しました。新たな趣向で賑わいを演出し、家族連れなどが楽しんでいたそうです。

 

 

【3.少林山達磨寺 アクセスと駐車場】

●アクセス

・電車:JR「群馬八幡駅」下車 徒歩約15分(タクシー約5分)

・バス:JR「高崎駅」(西口1番乗り場)より「ぐるりん少林山線乗附先回り」に乗車し「少林山入口」にて下車(乗車時間約20分)

または、JR「高崎駅」(西口3番乗り場)より「群馬バス 安中車庫行き」に乗車し「八幡大門前」にて下車(乗車時間約20分・下車後、徒歩約10分)

 

・車

※期間中は「少林山達磨寺」付近で交通規制がされますので注意してください。

交通規制の詳細と駐車場については下記より確認できます。(2016年度版です)

お祭り期間中の交通規制と駐車場地図

 

利用する駐車場や交通規制により、ルートが様々になるため、お寺と各インターの配置地図を掲載しておきます。

 

永く続いていた少林山達磨寺での「高崎だるま市」。

古くからの風習が受け継がれ、多くの人に愛されていたお祭りだっただけに、様変わりしてしまったのは残念です。

2015年までは境内に200軒もの露店が並んでいました。それがなくなってしまったのは寂しいと言う意見が多数ありました。

またいつか、以前のお祭りに戻るかもしれないという希望を持ちつつ、新たな試みがどうなるのか楽しみにしたいと思います。

「だるま市」は日本の伝統工芸である「だるま」が、たくさんの人たちの目に、手に身近に触れられる素晴らしいものです。

2つに分かれてしまっただるま市ですが「日本三大だるま市」として今後も盛大に継続されることを願います。

 

Sponsered Link

 

関連記事:深大寺だるま市2017開眼の時間は?混雑状況や駐車場について

     毘沙門天大祭だるま市2017日程とアクセス。万倍の功徳を得よう!

     白河だるま市のどんど焼き 日程とアクセス、駐車場について

 

 

関連記事

夜空に浮かぶ天の川の画像

七夕の空に「かささぎ」が舞う!2人のための橋渡し、その正体は?

七夕の主役と言えば「織姫と彦星」。(「織女と牽牛」とも言います) この2人は七夕の日に何をする

記事を読む

白河だるま市のどんど焼き 日程とアクセス、駐車場について

「だるま市」は各地で行われていますが、「白河市のだるま市」もその一つです。 白河だるま

記事を読む

若草山の山焼き 選りすぐりのスポットを紹介! 鹿は大丈夫? 

奈良の「若草山の山焼き」。 全国的に有名な奈良の名物になっています。最近では10万人近

記事を読む

吉田神社の節分祭 くじで今年の運試し!アクセス・駐車場は?

節分と言えば豆をまいたり、恵方巻を食べたりと自宅でのんびりと楽しんでいましたが、実は「吉田神

記事を読む

浅草寺の豆まき! あの芸能人が・・・ お楽しみと注意事項について

節分が近づいてきました。 子どもの頃はこのようなイベントが来るたびに、楽しみでワクワク

記事を読む

西大寺のはだかまつり アクセスと交通規制は?周辺のホテルについて

引用:http://www.okayama-cci.or.jp/   岡山

記事を読む

「犬っこまつり」でワンちゃんと雪まつり!ペット可のホテル情報満載!

秋田県湯沢市で毎年行われる「犬っこまつり」。 愛犬と一緒に雪まつりに参加できます!

記事を読む

節分にはなぜ「豆」を使うの?あなたの知らない豆まきのおはなし

毎年2月になるとやってくるのが鬼、ではなくて節分ですね。 節分といえば幼稚園で作った鬼

記事を読む

湯西川温泉 かまくら祭り アクセスや宿情報!幻想的かまくらの世界

「湯西川温泉のかまくら祭り」 夜になると一面の銀世界に作られたかまくらに灯りが灯り、と

記事を読む

「国際バラとガーデニングショウ」前売りやクーポンでお得に!

恒例の「国際バラとガーデニングショウ」は、毎年埼玉県所沢市の「西武プリンスドーム」で開催されてい

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑