Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/abura-z/oyakudachi-kirakirajouhou.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

深大寺だるま市2017開眼の時間は?混雑状況や駐車場について

%e6%b7%b1%e5%a4%a7%e5%af%ba

「深大寺」の諸行事の中でも、最大の行事と言われているのが「厄除元三大師大祭」です。

そしてこの大祭の日程に合わせて、境内では盛大な「だるま市」が開催されます。

深大寺のだるま市は「日本三大だるま市」のひとつに数えられていて、なんと300店あまりのだるま屋が出店します!

もちろんだるま以外の定番屋台もたくさん並んているので、とても活気にあふれています。

そんな深大寺のだるま市について、気になる点をいろいろ調べました。

「日程とだるまの開眼時間」「開眼とは?」「混雑状況やアクセス、駐車場」など盛りだくさんでお届けします!

 

Sponsered Link

 

【1.日程 だるまの開眼と護摩祈願の時間は?】

%e3%81%a0%e3%82%8b%e3%81%be%e5%b8%82%e3%80%80%e6%b7%b1%e5%a4%a7%e5%af%ba

●日  程:2017年3月3日(金)・4日(土)

●開催場所:「深大寺」 調布市深大寺元町5ー15ー1

●だるま市:深大寺境内にて 9時~19時

●開眼時間:大師堂前仮設開眼所にて 9時~17時頃

※だるま市は19時までですが、開眼時間は17時頃までです。開眼を希望されている方は間に合うようにしてくださいね。

●護摩祈願:大師堂にて ・10時~ ・11時~ ・12時~ ・13時~ ・15時15分~ ・16時~

※ご祈祷を希望される場合は、5分前までに申し込みが必要です。また14時から始まるご祈祷は、一般の方は受付していませんので注意していください。

 

 

【2.だるまの開眼とは? 深大寺流の開眼方法!】

%e3%81%8a%e5%9d%8a%e3%81%95%e3%82%93

みなさんはだるまを購入したことはありますか?

通常、祈願成就の為には目が描かれていないだるまを購入し、自分で目入れをしますよね。

地方や風習によって違いはありますが、一般的な順では、祈願する際にまず左目(向かって右)の目を描きます。そして成就した際に右目(向かって左)を描きます。

願いを込めてだるまに目入れすることを「開眼」と言いますが、深大寺では「開眼」をお坊さんがしてくれます!

益々ご利益がありそうですね。

さて、話は変わりますが「阿吽(あうん)」という言葉の意味をご存知でしょうか?

「物事の始めと終わり」と言う意味です。

深大寺では開眼の時に左目に「阿」と書き入れていただきます。そして奉納する際には「吽」と書き入れていただきます。

通常の黒丸の目ではないのですね。(●ω●)

また、「だるま納め所」がありますので、役目を終えただるまはこちらへ持って行ってください。「吽」と書いてもらってすぐ納め所へ持って行くのは、ちょっともったいない気もしますが・・・(;´・ω・)

 

 

【3.混雑状況とアクセス、駐車場について】

●混雑状況:大祭期間中は毎年約10万人の人出があります。ピークは両日とも、お昼前から開眼時間終了の17時頃までです。

●アクセス

・電車

京王線「調布駅」または「つつじヶ丘駅」よりバスで10分~15分

JR中央線、総武線「吉祥寺駅」または「三鷹駅」よりバスで25分~30分

(路線図:クリックで拡大)

%e6%b7%b1%e5%a4%a7%e5%af%ba%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9%e5%9c%b0%e5%9b%b3

・バス

♦調布駅(北口)より(乗車時間 通常約10分~15分)

1)14番乗り場:「深大寺行き」(調34)にて「深大寺」下車 徒歩約1分(「深大寺小学校前」で下車した場合は、徒歩約5分

2)14番乗り場:「吉祥寺駅行き」(吉14)または、「杏林大学病院行き」(調35)にて「深大寺小学校前」下車 徒歩約5分

3)13番乗り場:「吉祥寺駅行き」(吉06)または、「三鷹駅行き」(鷹56)にて「深大寺入り口」下車 徒歩約8分

 

♦つつじヶ丘駅(北口)より(乗車時間 通常約15分)

・「深大寺行き」(丘21)にて「深大寺」下車 徒歩約1分

 

♦JR吉祥寺駅(南口)より(乗車時間 通常約30分)

1)6番乗り場:「深大寺行き」(吉04)にて「深大寺」下車 徒歩約3分

2)6番乗り場:「調布北口行き」(吉05)にて「深大寺入口」下車 徒歩約8分

3)4番乗り場:「調布北口行き」(吉06)にて「深大寺入口」下車 徒歩約8分

 

♦JR三鷹駅(南口)より(乗車時間 通常約25分)

1)3番乗り場:「深大寺行き」(鷹65)にて「深大寺」下車 徒歩約3分

2)5番乗り場:「調布駅北口行き」(鷹56)にて「深大寺入口」下車 徒歩約8分

 

・車

※下記にて紹介するルートは「深大寺」までの道のりです。
深大寺の駐車場は利用できませんので、利用する駐車場へは各自で確認をお願いします。また、付近に大きな駐車場はありませんので、注意してくださいね。

 

♦調布インターもしくは国道20号を府中方面から向かう場合
中央自動車道「調布インター」より国道20号を新宿方面へ進み、「下石原交番前」交差点を左折、「深大寺入口」交差点を右折後、約500mで深大寺参道入口へ。

 

♦国道20号を新宿、環八、仙川方面から向かう場合
国道20号「下石原交番前」交差点を右折、「深大寺入口」交差点を右折後、約500mで深大寺参道入口へ。
※「下石原交番前」手前の「下布田」交差点を右折すると、三鷹通りへと続きますが、交通規制により深大寺通りへは進入できません。

 

♦武蔵野、三鷹、小金井方面から向かう場合
武蔵境通りからは「深大寺入口」で左折。(武蔵境通りと東八道路との交差点は「野崎八幡前」です)
※三鷹通りから深大寺通りへは交通規制により進入できません。

 

注)交通規制について・・・お祭り期間中は、深大寺通りが一方通行になります。「三鷹通り」から「深大寺通り」への進入は、10時~16時までできません。

のラインが「深大寺通り」です。のライン(R121深大寺小学校前)からの進入は10時~16時まで不可となります。

 

 

・深大寺付近の駐車場
深大寺付近の駐車場地図を掲載しておきますが、かなり少ないようですね。また、駐車台数も10台以下のものがほとんどです。

調布駅周辺の駐車場が空いていれば、そこからバス、またはタクシーで行くのも良いかと思いますが、公共交通機関を利用した方が、スムーズに移動できそうです。

2日間で10万人の人出でなので、駐車できるかについては、「運が良ければ・・・」ということになりそうです。(´・ω・`)

 

 

【4.厄除元三大師大祭 だるま市以外の見どころは?】

「いい声~♪」

「厄除元三大師大祭=だるま市」というのが有名になっていますが、他にとても貴重な行事があります。

それはお練り行列の「百味献膳の儀式」です。

雅楽衆を先頭に、木遣り衆、裃(かみしも)に統一した講中とともに、袍裳金襴七条袈裟(ほうもきんらんしちじょうけさ)と呼ばれる、法衣として最高の儀式服に身を包んだ高僧が境内を練り歩きます。

平安絵巻のようなその行列は、大祭中の最大の見せ場になります。

お経に節をつけた聲明(しょうみょう)と雅楽が融合し、厳かな時間を間近にすることができますよ。

こちらのお練行列は両日とも14時からになります。

 

日本最大級のだるま市、お坊さんによるだるまの開眼、きらびやかなお練行列、そしてたくさんの屋台!

2日間の盛大なお祭りを体験しに、ぜひ足を運んでみたいですね。

だるまの値段は、小さいものなら300円程度からありますよ。

行ったからには深大寺そばもお忘れなく!

 

Sponsered Link

 

関連記事:白河だるま市のどんど焼き 日程とアクセス、駐車場について

     毘沙門天大祭だるま市2017日程とアクセス。万倍の功徳を得よう!

 

 

関連記事

浅草寺の豆まき! あの芸能人が・・・ お楽しみと注意事項について

節分が近づいてきました。 子どもの頃はこのようなイベントが来るたびに、楽しみでワクワク

記事を読む

「国際バラとガーデニングショウ」前売りやクーポンでお得に!

恒例の「国際バラとガーデニングショウ」は、毎年埼玉県所沢市の「西武プリンスドーム」で開催されてい

記事を読む

節分にはなぜ「豆」を使うの?あなたの知らない豆まきのおはなし

毎年2月になるとやってくるのが鬼、ではなくて節分ですね。 節分といえば幼稚園で作った鬼

記事を読む

横手かまくら祭りを楽しむお役立ちガイド! 日本昔話の世界へ

日本中、数ある雪まつりの中でも特に「ほっこり」する素敵な「横手かまくらまつり」。 地元

記事を読む

夜空に浮かぶ天の川の画像

七夕の空に「かささぎ」が舞う!2人のための橋渡し、その正体は?

七夕の主役と言えば「織姫と彦星」。(「織女と牽牛」とも言います) この2人は七夕の日に何をする

記事を読む

2017壬生寺の節分祭日程と行事。ぜんざいや屋台で楽しさいっぱい!

節分の日は幼稚園や小学校で豆をもらったり、鬼の面を作ったり、家で恵方巻を食べたり・・・

記事を読む

西宮神社の十日えびす 「福男」を徹底調査! 

初詣の賑わいが一段落したかと思えば、大阪や兵庫のえびす宮では その賑わいに勝るとも劣ら

記事を読む

吉田神社の節分祭 くじで今年の運試し!アクセス・駐車場は?

節分と言えば豆をまいたり、恵方巻を食べたりと自宅でのんびりと楽しんでいましたが、実は「吉田神

記事を読む

七夕祭りの様子。大きな笹飾りや吹き流し。

狭山市入間川七夕祭り2017。花火と交通規制、駐車場をチェック!

「狭山市入間川七夕まつり」は「関東三大七夕祭り」のひとつで、毎年2000発程の花火が打ち上げられ

記事を読む

西大寺はだかまつり2017。福男と冬花火で活気あふれるお祭り!

出典:http://www2a.biglobe.ne.jp 各地で行われるはだか祭りですが

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑