潮干狩りは福岡へ行こう!アサリがたくさん採れたよ「室見川」!

海

インドア派の私が「潮干狩り」に行くようになったのは、「室見川」での潮干狩り経験がきっかけです。

ゴールデンウィークに祖母の家に行った時、親戚のおじさんに連れて行ってもらいました。もうずいぶん前のことですが、アサリが採れる楽しさにすっかりハマってしまいました!

ですが最近、福岡の潮干狩りスポットは、全体的に貝の量が減ったと聞きました。

さて、思い出の「室見川」はどうなのでしょう?・・・調べてみることにしました。

  • 室見川はアサリがたくさん採れる?
  • 駐車違反に注意
  • 周辺の大型駐車場8選
  • 潮干狩りのルールと注意点

など、盛りだくさんでお伝えしたいと思います!ぜひご覧くださいね!

 

Sponsered Link

 

室見川河口はアサリがたくさん採れる?

熊手と砂浜

福岡は潮干狩りがとても人気です。

ですが先ほども書いたように、全体的に貝の量が減ってきてあちらこちらの潮干狩りスポットで「あまり採れなかった」との声が増えてきているそうです。

以前、私が連れて行ってもらった時は、適当に遊びながらも2時間ほどで、バケツ半分以上は採れました。(しかも無料!)

その室見川。今でも採れるのか気になり、連れて行ってくれたおじさんに聞きました。おじさんはほぼ毎年「室見川の河口」に潮干狩りに行っています。

その答えは「昨年も普段と変わらず採れた」ということでした。

 

アサリを見つけるコツは、ひとつ見つけたら、その近辺を探してみることです。

あまり深く掘らず、5㎝~10㎝ほどでいいです。

そして、水の中に入る覚悟が必要です。砂地だけを探すより、川の中へ入って行った方がたくさん見つかります!

アサリは潮の流れが変わる場所に集まる性質があるので、底のちょっとした斜面や、大きめの石の下などを探してみるのも良いですね。

潮干狩りのシーズンは、4月~6月中旬くらいがベストです。私が行ったゴールデンウィークは、かなりの人出でした。

まだ貝をたくさん採られていない時期、すなわちゴールデンウィーク前に行くのがおすすめです!

室見川河口付近の潮見表

予定に合わせて表の一番上の段の「月」を選択してくださいね。大潮の日なら干潮時刻の1~2時間前から潮干狩りをすることができます。

 

駐車違反キップを切られることも?車は駐車場へ

駐車禁止

潮干狩りスポットとなっているのは室見川河口の「愛宕大橋」付近です。

この辺りは住宅街なのですが、潮干狩りシーズンにはたくさんの人で賑わい、中には迷惑行為が見られます。

そこで、警察によりパトロールがされています。もちろん警察のパトロールがなくても駐車違反はしてはいけませんが、車はちゃんと駐車場に停めるようにしてくださいね。

とはいうものの、ここは潮干狩りのための駐車場はありません。

また、福岡屈指の人気潮干狩りスポットですから、付近の駐車場も満車になることが多いようで、私が行った時もおじさんの知り合いの方が、わざわざ車で送り迎えをしてくれました。

次章で周辺の駐車場の詳細を紹介します!

 

Sponsered Link

 

周辺の大型駐車場を調査!

さて「愛宕大橋」付近の駐車場はどうなっているのでしょう?周辺の比較的大型の駐車場を調べました。(情報は変更されている場合があります)

  • 「P」・・・イオンマリナタウン店第1~3駐車場(潮干狩りスポットから一番近いです!)
  • ・住  所:福岡市西区豊浜3-1
  • ・駐車料金:最大料金(24時まで)平日300円・土日祝:500円
  • ・営業時間:7:00~23:30(第3駐車場は8:00~22:00)
  • ・収容台数:第1駐車場95台 第2駐車場826台 第3駐車場91台
  • 「P」・・・マリナタウン海浜公園 愛宕浜西、愛宕浜東駐車場
  • ・住  所:福岡市西区愛宕浜2丁目2(愛宕浜東駐車場)そのまま西へ進むと西駐車場です。
  • ・駐車料金:2時間まで200円 以後1時間毎に100円 4時間を超えたら500円
  • ・営業時間:7:00~23:00
  • ・収容台数:西駐車場98台 東駐車場60台
  • 「P」・・・ももち海浜公園 中央プラザ駐車場・百道浜西駐車場
  • ・住  所:福岡市早良区百道浜2丁目902-1
  • ・駐車料金:2時間まで300円 以後30分毎に100円 5時間を超えたら1,000円
  • ・営業時間:7:00~23:00
  • ・収容台数:中央プラザ駐車場85台 百道浜西駐車場145台
  • 「P」・・・パラカ百道浜第1
  • ・住  所:福岡市早良区百道浜2-3
  • ・駐車料金:30分100円 12時間最大800円 24時間最1000円 券紛失5000円
  • ・収容台数:140台
  • 「P」・・・トラストパーク百道浜
  • ・住  所:福岡市早良区百道浜2-4
  • ・駐車料金:30分200円 最大料金1000円 (0:00更新)
  • ・営業時間:24時間
  • ・収容台数:210台
  • 「P」・・・TNC放送会館駐車場
  • ・住  所:福岡市早良区百道浜2-3-2
  • ・駐車料金:20分100円 12時間最大900円
  • ・営業時間:8:00~23:00(23時以降はシャッターが降ります)
  • ・収容台数:51台
  • 「P」・・・リパーク百道浜
  • ・住  所:福岡市早良区百道浜2丁目4-1
  • ・駐車料金:終日60分200円
  • ・営業時間:24時間
  • ・収容台数:98台
  • 「P」・・・トラストパークM-TOWER
  • ・住  所:福岡市早良区百道浜1-7-5
  • ・駐車料金:60分300円 12時間最大1500円
  • ・営業時間:8:00~23:00(土日祝は休業)
  • ・収容台数:70台

どの駐車場からも、歩くとちょっとした距離があります。(ピンクの魚マークのあたりが潮干狩りスポットです)

電車の最寄駅はJR「姪浜駅」もしくは地下鉄空港線「室見駅」ですが、どちらも近いとは言えません。バスは西鉄バス「愛宕公民館前」で降りるとすぐですよ。

 

室見川で潮干狩りをする際のルールと注意点

室見川で潮干狩りをする際には、資源保護のため以下のルールがあります!

・貝長が3㎝以下のものはリリースする

・鋤簾(じょれん)は使用禁止

鋤簾(じょれん)

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/jyosuk_07

鋤簾(じょれん)は、上記の写真のように熊手の先にカゴや網が付いているものです。大きさにかかわらず、使用禁止になっていますので、注意してくださいね。

また注意点として、室見川はトイレや足洗場の施設がありません。トイレは潮干狩りに行く前に済ませて、足を洗うためにペットボトルなどに水を用意しておくことをおすすめします。

 

インドア派でも楽しめる潮干狩り

この記事を書いていると、また室見川へ潮干狩りに行きたくなりました!

川へざぶざぶと入って水遊びしながらの潮干狩りは、都会育ちの私にとって、新鮮で楽しいものでした。

また、自分で採ったものが食べられるということが、とてもうれしかったのを覚えています。

現在はインドア派として過ごしていますが、潮干狩りはマイペースで楽しめるので、私でも気負いなく参加できる数少ないアウトドアレジャーです。

Sponsered Link

関連記事

砂浜 貝

千葉でおすすめの潮干狩り場をご紹介!潮見表や混雑について

子どもから大人まで楽しめる潮干狩り。 お楽しみの後はおいしく頂けるのですから、ぜひレジャーに取

記事を読む

砂浜 女の子とバケツ

神奈川で潮干狩をしよう!「野島公園」はアサリがたくさん採れる?

今日は海のレジャー「潮干狩り」について記事にしたいと思います。 数ある潮干狩りスポットの中でも

記事を読む

走水海岸と富士山

神奈川「走水海岸」の潮干狩り!穴場?その実態を調査しました!

天気の良い日には富士山の姿を見ることができる神奈川県の走水海岸。 おいしい湧き水が豊富にあり、

記事を読む

知多湾

愛知でおすすめの潮干狩り場。子どもも大人も楽しめるのはココ!

「三河湾」と「知多湾」に面した愛知県には、たくさんの「潮干狩りスポット」があります! 毎年、春

記事を読む

マテ貝

福岡で潮干狩り!マテ貝がたくさん採れるのはどこ?上手な採り方伝授!

潮干狩りの中でも「マテ貝」を採るのって楽しそうですよね。 そこで今回は、福岡の潮干狩りスポット

記事を読む

海 子ども

潮干狩りに持って行くべきものは?必要なものとあると便利なもの!

初めての潮干狩りや、久々の潮干狩りで「何を持って行けばいいの?」と悩んでいる方は多いのではないで

記事を読む

伊勢志摩の海

三重で潮干狩りに挑戦!不漁でも楽しめるおすすめスポット!

海の幸が豊富な三重県は人気の潮干狩りスポットが数多くあるのですが、ここ数年はどこも不漁続きで、せ

記事を読む

横浜の海

神奈川in潮干狩り!海の公園で上手にアサリを採る方法とは?

「横浜」や「横須賀」といった都市がある「神奈川県」は、海のイメージが強いですね。もちろん、人気の

記事を読む

砂浜 足跡

大阪で潮干狩り!無料穴場は危険?安全な潮干狩りを楽しむために。

「潮干狩り」を楽しんだ後は、やはり採った貝をおいしく食べたいですよね。そのためには当然、「貝の安

記事を読む

海 親子

東京で潮干狩りできる場所はどこ?無料と有料どっちがおすすめ?

東京は言わずと知れた大都会ですが、自然が楽しめるところもたくさんあります。 今回は東京都内で「

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑