大阪で潮干狩り!無料穴場は危険?安全な潮干狩りを楽しむために。

砂浜 足跡

「潮干狩り」を楽しんだ後は、やはり採った貝をおいしく食べたいですよね。そのためには当然、「貝の安全性」にも気を配らなければなりません。

そこで「潮干狩りが楽しめて、安全な貝を提供してもらえる」そんな大阪の潮干狩り場をご紹介します。

お客さんに損はさせない大阪人の商売人気質!(というか・・・貝毒対策ですが)、もし貝が採れなくても、ちゃんと安全な貝をお持ち帰りできるシステム、となっているのもうれしいです。

中でも今回は、こちらの3ヶ所の詳細について調べました!

  • 貝塚二色の浜潮干狩り場
  • はこつくり潮干狩り場(ぴちぴちビーチ)
  • 淡輪潮干狩り場(ときめきビーチ)

また、穴場の無料潮干狩りスポットについての注意事項も書きましたので、ぜひご覧くださいね。

 

Sponsered Link

 

おいしく安全な貝をゲットできる大阪の潮干狩り場はココ!

1)貝塚二色の浜潮干狩り場

所在地:〒597-0062 大阪府貝塚市澤871 問合せ:072-432-3022 3月~8月のみ

二色の浜は大阪で一番メジャーな潮干狩り場です。

所定の場所ではバーベキューも楽しむことができます。潮干狩りを楽しみながら、砂浜バーベキューをする場合は「沢地区」をクリックしてくださいね。(詳細はこちらです)

※貝毒対策のため、採った貝はバーベキューの食材にすることはできませんので注意してくださいね!

●アクセス

♦電車で行く場合・・・南海本線「二色浜駅」から西へ約1km、徒歩で約10分程度です。

♦車で行く場合・・・阪神高速4号・湾岸線「貝塚ランプ」を下りて、府道29号・大阪臨海線を「泉佐野・和歌山方面」へ。(和歌山方面から来られた方は、少し戻ることになります)

「臨海二色浜交差点」を右折しておよそ100mで「二色の浜公園入り口」です。

●駐車場・・・約1850台(臨時駐車場含む)の駐車場があります。駐車料金は1日620円です。

この他に、二色の浜公園入り口には民間駐車場もありますが、料金は駐車場によりって異なります。(潮干狩りシーズンは混雑が予想されます)

●潮干狩り開催期間・・・2016年4月15日(土)~6月4日(日)

二色の浜 潮見表 2017年

●営業時間・・・9:00~17:00

●潮干狩り料金

  • ・大人料金(中学生以上)・・・1500円
  • ・子供料金(3歳児以上)・・・・750円

※採貝量にかかわらず、大人料金は800g、子供料金は400gの持ち帰りができますが、貝毒の危険があるため、採った貝の持ち帰りは禁止されています。

持ち帰り用の安全なアサリは、受付で用意されています!

●採れる貝の種類・・・アサリ

●用具の販売、レンタル

  • ・バケツ販売 300円
  • ・熊手レンタル 200円(返却時に100円返金)
  • ※スコップ等、その他の用具も販売されていますが、レンタルは「熊手のみ」です

 

2)はこつくり潮干狩り場(ぴちぴちビーチ)

所在地:〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪地先

潮干狩りについて:072-476-3319 駐車場について:072-494-2626

はこつくり潮干狩り場(ぴちぴちビーチ)は、「せんなん里海公園内」にある人口浜です。

「大阪の海だけど・・・」という言い方は失礼かもしれませんが、海水がきれいなんですよ!

ここでも所定の位置でバーベキューを楽しむことができます。バーベキュー希望についての詳細はこちらを参照してください。

※貝毒対策のため、採った貝はバーベキューの食材にすることはできませんので注意してくださいね!

●アクセス

♦電車で行く場合・・・南海本線「箱作駅」から西へ、徒歩約15分~20分。

♦車で行く場合

・大阪、泉佐野方面から・・・第二阪和道より「箱作ランプ交差点」を右折。「箱作交差点」を左折して旧国道26号線を西へ進む。「箱作小学校前交差点」を右折して「せんなん里海公園」へ。

・和歌山方面から・・・旧国道26号線の「淡輪口交差点」を左折して「せんなん里海公園」へ。

カーナビでは「海水浴場ぴちぴちビーチ」で検索してください。上記の「潮干狩りについて」の電話番号は、漁協の連絡先なので、潮干狩り場とは住所が異なります!

●駐車場・・・せんなん里海公園「ぴちぴちビーチ」の駐車場を利用してくださいね。

  • ♦時間・・・平日:8:30~17:00 土日祝:朝8:00~17:00
  • ♦駐車料金・・・1日620円
  • ♦駐車台数・・・約1500台(潮干狩りシーズンは満車になる場合もあります)

 

●潮干狩り開催期間・・・2017年4月15(土)日~6月4日(日)

人口浜なので潮の満ち引きに関係なく潮干狩りができますが、潮見表で好適な日を確認することができます。

2017年 大阪南部淡輪地区 潮見表

●営業時間・・・8:00~17:00

●潮干狩り料金

  • ・大人料金(中学生以上)・・・1300円
  • ・子供料金(3歳児以上)・・・・700円

※採貝量にかかわらず、大人料金は700g、子供料金は400gの持ち帰りができますが、貝毒の危険があるため、採った貝の持ち帰りは禁止されています。

砂抜きが完了した持ち帰り用の安全なアサリが用意されています!

●採れる貝の種類・・・アサリ

●用具のレンタル

  • ・熊手、バケツ 100円
  • ・イス 200円
  • ・テーブル 300~500円
  • ・テント 1500円(数に限りあり)持参する方が多いです!
  • ・パラソル 2000円(返却時に1000円返金)
  • ・バレーコート、サッカーコート 500円
  • ・ボール 1500円(返却時に1000円返金)
  • ・BBQ用コンロ 2000円(炭は別途500円)

 

3)淡輪潮干狩り場(ときめきビーチ)

所在地:〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪地先

潮干狩りについて:072-494-2141 駐車場について:072-494-2626

淡輪潮干狩り場(ときめきビーチ)は、はこつくり潮干狩り場(ぴちぴちビーチ)に隣接していて、同じくせんなん里海公園内にある人口浜です。

もちろん海水もきれいで、バーベキューも楽しむことができます。バーベキュー希望についての詳細はこちらを参照してください。

※貝毒対策のため、採った貝はバーベキューの食材にすることはできませんのでご注意くださいね!

●アクセス

♦電車で行く場合・・・南海本線「淡輪駅」から北へ、徒歩約15分~20分。

♦車で行く場合

・大阪、泉佐野方面から・・・第二阪和道より「箱作ランプ交差点」を通過して左の車線へ。角を右折して北進し旧国道26号線へ。「箱ノ浦ランプ北交差点」左折。「淡輪口交差点」を右折して「せんなん里海公園」へ。

・和歌山方面から・・旧国道26号線の「淡輪口交差点」を左折して「せんなん里海公園」へ。※「淡輪ランプ」では、旧国道26号を進んでください。(右側の阪和自動車道へは入らないでくださいね!)

カーナビでは「ときめきビーチ」または「淡輪海水浴場」「淡輪潮干狩場」など名前で検索してください。上記の「潮干狩りについて」の電話番号は、漁協の連絡先なので、潮干狩り場とは住所が異なります!

●駐車場・・・せんなん里海公園「ときめきビーチ」の駐車場を利用してくださいね。

  • ♦時間・・・平日:8:30~17:00 土日祝:朝8:00~17:00
  • ♦駐車料金・・・1日620円
  • ♦駐車台数・・・約800台「第一駐車場」と「第二駐車場」があります(潮干狩りシーズンは満車になる場合もあります)

 

●潮干狩り開催期間・・・2017年4月20日(木)~6月4日(日)

人口浜なので潮の満ち引きにかかわらず潮干狩りができますが、潮見表で好適な日を確認することができます。

2017年 大阪南部淡輪地区 潮見表

●営業時間・・・8:00~17:00

●潮干狩り料金

  • ・大人料金(中学生以上)・・・1300円
  • ・子供料金(3歳児以上)・・・・700円

※採貝量にかかわらず、大人料金は700g、子供料金は400gの持ち帰りができますが、貝毒の危険があるため、採った貝の持ち帰りは禁止されています。

砂抜きが完了した持ち帰り用の安全なアサリが用意されています!

●採れる貝の種類・・・アサリ

●用具のレンタル

  • ・熊手とザルのセット 100円
  • ・レジャーシート 300円
  • ・ビーチサンダル 300円
  • ・パラソル 2000円(返却時に1000円返金)
  • ・BBQセット(網・釜・鉄板) 大2000円 小1000円 燃料別売り
  • ・テント 3000円(数に限があるため事前に確認要 10人は入れそうです)
  • ※テント等レンタル用品についての問合せ先:072-494-2141

 

Sponsered Link

 

大阪の無料潮干狩りスポットについて

砂浜 カニ

泉南の方にある「男里川」「樫井川」の河口では、ちらほらと潮干狩りを楽しんでいる方がいます。

漁協で管理されていない無料スポットで、地元の方が多そうなのどかな感じなのですが、近年では、貝毒の報告が出ています。

今回紹介した有料の3ヶ所では、貝毒対策として安全なものと交換が行われていますが、無料の場所で自分で採ったものを食べて、中毒症状を起こした方もいます。

中毒症状は軽いものもありますが、重篤になる恐れもあります。貝毒情報には充分注意してくださいね。

また、事故やケガがないように、そちらの安全についても気を付けてくださいね!

 

きれいな海!

大阪の海は汚いというイメージが強いですが、近年は環境への関心が高まり、きれいになってきているところも増えていると聞きます。

きれいな海はとても気持ちが良いものですよね。

自然のレジャーを通して、環境についても考える機会が増えるとより一層、良い方向へ向かっていくのではないかと思います。

「ゴミを捨てたり、わざと海を汚すような行為をしない」といったことを、ひとりひとりが心がけるようにしたいですね。

当たり前のことを注意するだけでも、随分と良くなると思います!

Sponsered Link

関連記事

横浜の海

神奈川in潮干狩り!海の公園で上手にアサリを採る方法とは?

「横浜」や「横須賀」といった都市がある「神奈川県」は、海のイメージが強いですね。もちろん、人気の

記事を読む

砂浜 女の子とバケツ

神奈川で潮干狩をしよう!「野島公園」はアサリがたくさん採れる?

今日は海のレジャー「潮干狩り」について記事にしたいと思います。 数ある潮干狩りスポットの中でも

記事を読む

伊勢志摩の海

三重で潮干狩りに挑戦!不漁でも楽しめるおすすめスポット!

海の幸が豊富な三重県は人気の潮干狩りスポットが数多くあるのですが、ここ数年はどこも不漁続きで、せ

記事を読む

砂浜 貝

千葉でおすすめの潮干狩り場をご紹介!潮見表や混雑について

子どもから大人まで楽しめる潮干狩り。 お楽しみの後はおいしく頂けるのですから、ぜひレジャーに取

記事を読む

マテ貝

福岡で潮干狩り!マテ貝がたくさん採れるのはどこ?上手な採り方伝授!

潮干狩りの中でも「マテ貝」を採るのって楽しそうですよね。 そこで今回は、福岡の潮干狩りスポット

記事を読む

海 親子

東京で潮干狩りできる場所はどこ?無料と有料どっちがおすすめ?

東京は言わずと知れた大都会ですが、自然が楽しめるところもたくさんあります。 今回は東京都内で「

記事を読む

知多湾

愛知でおすすめの潮干狩り場。子どもも大人も楽しめるのはココ!

「三河湾」と「知多湾」に面した愛知県には、たくさんの「潮干狩りスポット」があります! 毎年、春

記事を読む

貝と海

潮干狩りは神奈川の「海の公園」へ!早朝から満車の駐車場対策は?

毎年大人気の「海の公園」の潮干狩り! 天然のアサリが良く採れることで有名ですが、人気がゆえに潮

記事を読む

海 子ども

潮干狩りに持って行くべきものは?必要なものとあると便利なもの!

初めての潮干狩りや、久々の潮干狩りで「何を持って行けばいいの?」と悩んでいる方は多いのではないで

記事を読む

網焼きハマグリ

茨城の潮干狩り人気イベント!大竹海岸のハマグリまつりを攻略しよう!

潮干狩りでハマグリが採れるところは、全国的にもそんなに多くありません。なんせ高級品ですものね!

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑