神奈川in潮干狩り!海の公園で上手にアサリを採る方法とは?

横浜の海

「横浜」や「横須賀」といった都市がある「神奈川県」は、海のイメージが強いですね。もちろん、人気の潮干狩りスポットは毎年大賑わいです!

今回は、その中でも一番人気の「海の公園」の潮干狩り情報についてのお役立ち情報を、お伝えしたいと思います。

  • 海の公園、アクセスと駐車場情報
  • 海の公園での潮干狩りの魅力
  • 上手なアサリの見つけ方

など、潮干狩りを楽しむための情報をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね!

 

Sponsered Link

 

海の公園の潮干狩り。人気の秘密は?

●海の公園

所在地:〒236-0013 横浜市金沢区海の公園10 問合せ(海の公園管理センター):045-701-3450

●アクセス

電車で行く場合・・・金沢シーサイドライン「海の公園南口駅」「海の公園柴口駅」「八景島駅」から徒歩すぐ

車で行く場合・・・横浜横須賀道路「並木IC」から、国道357号線で約2.5km。または首都高速道路・湾岸線「幸浦出口」から、国道357号線で約2.5km。

●駐車場

「海の公園」には3か所の駐車場があります。「柴口駐車場(E駐車場)」「磯浜駐車場(F駐車場)」は、地図の「+」で拡大していくと表示されます。ピンクの「P」は臨時駐車場です。

  • ♦柴口駐車場
  • ・1時間310円 駐車後12時間、最大で1550円(以降は1時間310円)
  • ・営業時間:4時~22時
  • ・収容台数:1064台
  • ♦磯浜駐車場
  • ・1時間310円 駐車後12時間、最大で1550円(以降は1時間310円)
  • ・営業時間:4時~22時
  • ・収容台数:362台
  • ♦臨時駐車場
  • ・1時間310円 駐車後12時間、最大で1550円(以降は1時間310円)
  • ・営業時間:8時~15時
  • ・収容台数:262台(混雑時のみ営業しています)

 

 

海の公園で潮干狩り!その魅力は?

さて、魅力はまず「天然の貝」で潮干狩りができることです。採れたアサリは味が濃厚でとてもおいしいですよ。

また、「カニ」「ヤドカリ」「ナマコ」なども自生していますから、子どもは大喜びです。

そして「無料」で潮干狩りができます!

たくさん遊んで、貝も手に入れて無料ってやっぱりうれしいですよね。潮が満ちている時間帯は、緑がいっぱいの広くてきれいな公園内で遊ぶのも楽しいです。

トイレや水道などの公園施設が利用できるのも便利です。

更に、何と言ってもここでは、しっかりアサリが採れることが一番の魅力だと思います。たくさん採っている人があっちにもこっちにも!これはテンション上がりますね!!

 

Sponsered Link

 

アサリを上手に見つける方法!

それでは、上手にアサリを見つけるためのポイントをご紹介します。

「大潮の日」であることはもちろん「ゴールデンウィーク前」がおすすめです。

狙い目は4月中旬頃です。(ちなみに、潮干狩りシーズンは4月~6月がピークですが、海の公園では3月から9月頃まで潮干狩りを楽しむ方がいます)

海の公園 潮見表 2017年 (大潮の日は、干潮時刻の約2時間から潮干狩りをすることができます)

また、干潟だけではなく、膝くらいまで水に入った方がアサリがたくさんいます。(達人たちは胸のあたりまで入ります!)

さらに・・・

  • ・少し大きめの石の下を掘る
  • ・ひとつ見つけたらその周辺
  • あまり深く掘らない、広く浅くがポイント!(砂下5㎝から10㎝まで)
  • ・藻や海藻の近く(プランクトンが多く発生し、アサリはそれをエサとしているため)
  • ・砂地が少し盛り上がったところの斜面(下で説明します)

砂浜 瀬

出典:http://blog.goo.ne.jp/ntt00012

こんな感じで潮が引き始めると、砂地が少し盛り上がった部分が出てきます。(完全に潮が引いて、全体が干潟になってしまうとわかりづらいです)

海水部分と砂地部分の境目の斜面・・・断面図だとこんな感じです。

アサリの居場所2

この情報は、以前海の公園に潮干狩りに行ったときに、知らない人が言っていたのを横から聞き耳を立てまして・・・

初めは意味がまったくわからず、勝手に聞いてたくせに「は?どこよ?」と心の中で文句を言っていたのですが、しばらくマネしていると、どうやら盛り上がりの斜面の部分と判明 。

おかげでたくさんのアサリを採ることができました! 

 

海の公園で潮干狩りをするためのルールと準備

「海の公園」では以下のルールがありますので必ず守るようにしてください。

  • ・幅15㎝を超える貝採り器具の使用はできません
  • ・2㎝以下の稚貝の採取はできません
  • ・一人が一度に採る貝の量は、2㎏以内です

また、道具のレンタルはないので、持参するようにしてくださいね。(販売はされていますが、数に限りがあります)

【関連記事】:潮干狩りに持って行くべきものは?必要なものとあると便利なもの!

 

海の公園は最高のレジャースポット!

きれいな公園と海があり、天然の貝が豊富にある海の公園は最高のレジャースポットです。

今回紹介したアサリゲットのポイントを押さえつつ、実際にたくさん貝を採っている人を良く観察してみてください。

徐々にコツをつかむことができると思います。

潮干狩りをした後は、きれいな公園でのんびりと過ごすのもおすすめですよ。ぜひ海の公園を満喫してくださいね!

Sponsered Link

関連記事

大阪で潮干狩り!無料穴場は危険?安全な潮干狩りを楽しむために。

「潮干狩り」を楽しんだ後は、やはり採った貝をおいしく食べたいですよね。そのためには当然、「貝の安

記事を読む

東京で潮干狩りできる場所はどこ?無料と有料どっちがおすすめ?

東京は言わずと知れた大都会ですが、自然が楽しめるところもたくさんあります。 今回は東京都内で「

記事を読む

福岡で潮干狩り!マテ貝がたくさん採れるのはどこ?上手な採り方伝授!

潮干狩りの中でも「マテ貝」を採るのって楽しそうですよね。 そこで今回は、福岡の潮干狩りスポット

記事を読む

愛知でおすすめの潮干狩り場。子どもも大人も楽しめるのはココ!

「三河湾」と「知多湾」に面した愛知県には、たくさんの「潮干狩りスポット」があります! 毎年、春

記事を読む

潮干狩りは神奈川の「海の公園」へ!早朝から満車の駐車場対策は?

毎年大人気の「海の公園」の潮干狩り! 天然のアサリが良く採れることで有名ですが、人気がゆえに潮

記事を読む

潮干狩りは福岡へ行こう!アサリがたくさん採れたよ「室見川」!

インドア派の私が「潮干狩り」に行くようになったのは、「室見川」での潮干狩り経験がきっかけです。

記事を読む

三重で潮干狩りに挑戦!不漁でも楽しめるおすすめスポット!

海の幸が豊富な三重県は人気の潮干狩りスポットが数多くあるのですが、ここ数年はどこも不漁続きで、せ

記事を読む

潮干狩りに持って行くべきものは?必要なものとあると便利なもの!

初めての潮干狩りや、久々の潮干狩りで「何を持って行けばいいの?」と悩んでいる方は多いのではないで

記事を読む

千葉でおすすめの潮干狩り場をご紹介!潮見表や混雑について

子どもから大人まで楽しめる潮干狩り。 お楽しみの後はおいしく頂けるのですから、ぜひレジャーに取

記事を読む

神奈川で潮干狩をしよう!「野島公園」はアサリがたくさん採れる?

今日は海のレジャー「潮干狩り」について記事にしたいと思います。 数ある潮干狩りスポットの中でも

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑