テーブルマナーに困ったら・・・ナイフとフォークの使い方

12-05 洋食のテーブルマナー ナイフ&フォーク_01

大好きな彼との記念日に、ちょっと奮発して憧れのフレンチレストランへ。

お化粧もコーディネートもばっちり整えたけれど、いざ席に着くと「たくさん並んだフォーク・ナイフにパニック・・・」なんてことだけは避けたいですね。

記念日以外にも、いつどこでどんなお誘いがあるか分かりません。

そこで今日は「ナイフとフォークの使う順番やマナー」についてご紹介したいと思います。

いざという時のために、知識武装は念入りに行いましょう!

 

Sponsered Link

 

ナイフとフォークを使う順番

12-05 洋食のテーブルマナー ナイフ&フォーク_02

コース料理に従って、外側から順番に1本ずつナイフとフォークを使います。

通常は、外側から「前菜用・魚料理用・肉料理用」の順に置いてあります。

ただし、ナイフ側には、ナイフ以外にもスプーンが2本置かれていることがあります。

右側が「スープ用」のスプーン、左側が「魚料理用」のスプーンです。

 

淡泊な魚はフィッシュスプーンを使ってソースをしっかり絡めることで、料理のおいしさをフルに味わえることができるため、お店の配慮で置かれていることがあるのです。

もし使う順番を間違ってしまったら、そのまま食べ続け、足りない分の食器を補充してもらうのがベターです。

 

 

前菜が続く場合などにカトラリーレストが置かれたら?

「カトラリー」とは、ナイフやフォーク、スプーンの総称です。

「カトラリーレスト」とは、それらを置く、いわば箸置きのような役割を果たすものです。

カトラリーレストが出ていたら、「次の料理でも同じカトラリーで食べて下さい」という合図です。

食事を1組のカトラリーで済ませる場合や、前菜が2~3皿出る場合などに用意されていますので、料理を食べ終わったら使うようにしましょう。

その際、ナイフの刃は内側に向け、フォークは腹を上にして、揃えて置いてくださいね。

 

 

ナイフやフォークを落としてしまったら?

「うっかり手がすべって、床にナイフを落としてしまった!」なんてこともあるかもしれませんね。

そんな時は焦らなくても大丈夫です。

決して自分では拾わなようにしてください。床にかがみこむような姿を見せるのは絶対NGです!

落とした際はボーイさんが拾って新しいものを持ってきてくれます。万が一ボーイさんが気づかない場合は、手を挙げて呼ぶか、軽く声をかければOKです。

持ってきてもらったら、お礼の言葉を忘れずに!

 

 

中座時と食後のナイフとフォークの置き方

12-05 洋食のテーブルマナー ナイフ&フォーク_03

食事の途中でワインを飲んだりパンをつまむ際は、ナイフ、フォークは「八の字」に広げて置きましょう。

ナイフは刃を内側に、フォークは背を上に向けます。ナイフレストに置く場合も、同様の置き方です。

食べ終わったら、ナイフは刃を内側に、フォークは背を下に向けて、ナイフとフォークを揃えて右斜め下に置きます。(ハの字の左側が無いようなカタチになります)

 

まとめ

 

ナイフとフォークがずらりと並ぶと、どれから使っていいのか迷ってしまいそうですが、一般的には「外側から」と覚えておけば大抵は大丈夫です。

最低限のマナーは知っておきたいですよね !

 

関連記事

%e5%88%9d%e8%a9%a3

【初詣】 いつまでに行くの?喪中の時は? 役立つ知識の泉♪

毎年私にとって、新年を迎えて最初の行いは「初詣」です。 大晦日の夜に自宅近くの神社に向

記事を読む

テーブルとナプキン

洋食テーブルマナー。意外と知らないナプキンの使い方

以前は「ナイフとフォークの使い方やマナー」についてご紹介しました。 そちらをマスターしたら、次は「

記事を読む

%e5%bd%bc%e5%b2%b8%e8%8a%b1

お彼岸のマナー。知っておきたいお墓参りと訪問の常識!

「お彼岸」の行事は、はるか昔、飛鳥時代の聖徳太子の頃から始まった、または聖徳太子が考えたと言われ

記事を読む

12-08  洋食のテーブルマナー 食事_01

洋食のテーブルマナー あなたの食事方法は大丈夫?

ナイフ・フォーク、ナプキンの次は、いよいよ食事編です。 ここでは、「スープ」「パン」「肉」「魚

記事を読む

%e5%88%9d%e8%a9%a3

初詣に行こう♪ 「神社」と「お寺」の作法 あなたも格付けマスターに!

「初詣」というと、「神社」を想像する人が多いのではないでしょうか? 少なくとも私はそう

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑